Rachael Woodson

Title : Sound of silence

15年以上もの間、ふたりの兄弟の写真を撮影するという儀式から始まった

「静寂の音」は、インスピレーションを刺激する者とポートレート写真とは何

かについて語りかけます。姉と弟の関係が、撮影者と被写体の関係になり、そ

の役割が再構築されています。私たちが育った家はニュージャージーに位置

しており、そこは私たちにとっては舞台のような場所でした。写真を撮る撮ら

れることにより、天真爛漫で純粋な時期の幼少時代のイメージとは何かを問

いかける場所でもあります。私たちの家とその家の以前の住人の存在は、そ

の時期に撮った写真に強い影響を残しています。それら昔の写真と最近の写

真が組み合わさることで、継続的に「静寂の音」の層を変容させて行きます。こ

の過程の中で、写真紙の質感や印刷方法、経年変化と言った要素を強調する

ことで、この作品は徐々にオブジェとしての写真の領域を超えて行きます。展

示方法として壁やテーブルの上に置かれた写真の幾つかの配置は、違った視

点で写真が引き起こす現象を問いかけます。それは被写体なのか撮影者なの

か、誰の声が聞こえてくるのでしょうか。そのことを記憶しているのは彼女でし

ょうか、またそれを見ているのは彼なのでしょうか。この作品において、写真と

いう行為は、満ちた静寂を起源とし、それが言葉そのものになるのです。

 

Originating from the ritual of photographing my two brothers for over

fifteen years, SOUND OF SILENCE explores notions of the muse and

the photographic portrait. By merging sister/photographer, brother/

model, a reinvention of roles is established. The home that we grew up

in, located in New Jersey, became a sort of stage – the place where the

notion of childhood as a period of naïveté and simplicity was questioned

by means of a photographic system. The presence of the house and that

of it’s previous residents leaves its mark on the photographs made during

that time. These and more recent photographs reappear and mutate

continually in the layers of SOUND OF SILENCE. In its evolution, the

work is less and less constrained to the edge of the photographic object,

allowing for a metaphotographic aesthetic that emphasizes elements such

as texture, process and the passage of time. The resulting compositions,

be they on a wall or a table, consider different points of view at play in

the phenomenon of photography. Is it the model or the photographer

whose voice is heard? She who remembers, he who sees? In this work,

the activity of photography, stemming from a charged silence, becomes a

language in and of itself.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *