Lucas Léglise

Title : Open-air school

この作品は、結核の感染拡大を防ぐために1932年にフランスのシュレンヌに

建設された学校で撮影されました。ここでは、天気が良い日に子供たちが野

外で勉強するために、教室 を覆う大きなガラスの壁を取り払うことができる

ようになっています。太陽光と同様に、新鮮な空気と十分な換気は健康増進

につながると考えられていたからです。

このスライドには、反射する教室と屋外の木々が混在するガラスの壁が映って

います。この特別な環境と建築を通して、学ぶ者と世界との関わりについて提

示します。

 

Open-Air School was taken in a school in Suresnes built in 1932 to prevent

the widespread rise of tuberculosis. There, the class have great glass

walls which could be removed for the children to study outside when

the weather was good, as we thought fresh air and good ventilation as

much as the sunlight contributed to improve health. The slide shows one

of these glass wall where the reflection of classroom and the trees of the

outside are mixing. Beyond this specific situation and architecture, it tell

us something on the relation between the learner and the world.

 

Title : Through

コダック社がフィルムを発明してから間もなく、人々は目を傷つずに太陽を観

察するために、そのフィルムを使いました。白黒フィルムの表面のハロゲン化

銀が、有害な太陽光線 から目を守るフィルターとなったためです。この作品

は、世界をゼラチン乳化剤を通してみるという、写真行為の最もシンプルな行

為 の一つとして見ることができます。可視化する科学は同様に、見ることを遮

る科学でもあるのです。

 

Soon after the invention by Kodak of the flexible photographic film roll,

people used it to watch the sun without hurting their eyes the silver halide

at the surface of the black and white film being a good filter for harmful

sun rays. This slide shows one of the simplest photographic actions;

looking at the world through a gelatin emulsion. A science of apparition

as much as one of occultation.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *