やました みか / Mika Yamashita

Ttitle : attribute ”type-XX”

人間が内包する感情の抑揚を、作者は過敏に受け取り、込み上げるエネル

ギーを記憶する。記憶されたイメージは一人称の景色であり、作者の半径

10m程度の出来事を紡いでいるにしか過ぎない。

しかし、幾つものイメージを重ねて構成することで生じた行程そのものは、

作者の人格形成に必要なプロセスであり、自己治癒として作用し、同時に

主張として昇華している。

作品らは個人と社会のつながり、それに付随する心のゆらぎを表象し続け

る、作者の生命活動記録の一片である。

 

An artist sensitively receives waves of emotion, and stores these

energies. The stored images are subjective views, meaning that events

surrounding the artist are woven into the images.

This process of storing images plays an essential role in the development

of the artist’s character. It simultaneously acts as a self-cure and a form

of expression.

The presented work reveals connections between the artist and

her society. An unsettled quality characterizes the records of her

experiences.

 

写真、 830 x 530 mm、640 x 460 mm

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *